image苦節半年くらい、紆余曲折を経てとうとうGPDWINがロールアウトされました。
まさかGole1より先に届くとは・・・(´・ω・`)


左からNew3DSLL、GPDWIN、GPDXD(壁紙のせいで写りが変だけど特に問題は無いです)
違いも含めてグダグダ書いて行こうかと。

もっと細かい紹介はこちらのブログ様等でもされているのでそっちを見た方が良いと思います。
箱とか梱包とかは撮ってないし。

GPD Game console 「GPD WIN」 【レビュー】 1 : GPD WIN が届きました!!!
http://ton-chi-ki.blogspot.jp/2016/10/gpd-game-console-gpd-win-1-gpd-win.html#more



※当サイトではGPDWIN内蔵WiFiはオフにし、USBドングルタイプのWiFiアダプターを使い、
ネットワーク接続を行っております。
勿論Bluetoothもオフです。
これならば大手サイト様と同じやり方なので問題無いと思いますので。 

そもそも国内正規代理店版だってろくにカスタムせずただ技適通ってる以上、
機構上は条件的に問題ないと思うんですが・・・。 
当製品に関しては国内正規品(Makuake版)も出る為、
国内サイトではそっちが取り扱われるでしょうね。


 
image(真ん中メインに写ってるのがGPDWIN)
GPDのところのシールは元から貼られていて梱包前に塗装が乾燥不十分だったのでは疑惑。

写真では撮ってないけど、天板がコスモブラック風味(ツヤツヤテッカテカ)だったので、
100円ショップの猫爪とぎ防止フィルムを適当に切って貼ってあります。
PSP用の本体表面保護フィルムとして売ってたのも多分コレ。



Captureマニュファクチュア名がINTになってるけどデフォルトでこうなっていた。

5.5インチサイズのフルWindows10ハンドヘルドマシン
CPUにAtom Z8700、RAM4GB、内蔵ストレージとしてeMMC64GB(OS領域含む)を備え、
このサイズと価格($299前後)としては破格の性能を誇る。
モニタ解像度は1280*720と近年のスマートデバイスとしては低いものの、
値段的なものを考えたらこんなもんか、特に画質に粗は見られない。
一応製品自体にも専用の保護フィルムが付属(貼られてはいない)しているが、
手元に5.2インチスマホ用フィルムがあったのでそれを貼ったらちょうど表示領域ピッタリだった。
クラムシェルタイプなのでそこまで画面キズに気を配る必要も無いんだけどね。
ただポケットに入れて運んだ後画面表面を見るとキーボードにぶつかってるのか線状の跡が見えるので、
あまり押し付けない方が良さ気。
縁に厚さ1ミリくらいのクッションシールでも貼ろうかな。

その他にも、MicroSDスロット、USB3.0Aメス(通常のUSBデバイスそのまま挿せる)ポート、
MiniHDMI、USB TypeC(当機では主に充電に使用するが)、アナログオーディオジャックとこのサイズとしては豊富な入出力も備えている。 
日本国内では都合上、利用してはならないが内蔵WiFi、Bluetoothと十二分の無線通信機能も備えている(これで4G有ったら最強だよね)
内蔵リチウムイオンバッテリーは6700mAhと及第点、充電自体はモバイルバッテリーでも可能だし。

OSはWindows10 Home64Bitと、コレ系のデバイスとしては珍しく64Bitフルスペックを発揮出来る(X89HDは32Bit版だったので) 
ストレージの容量的にWindows10  Anniversary Upgradeは当てたくない(+5GBとか言ってるので)か。
MicroSDはToshibaの海外パッケージ版SDXC64GBを追加したものの、
2D描写の同人ゲームですらロードが発生し、あまりレスポンスが良くない様に感じる。
下手するとUSBポートに刺したUSB2.0メモリの方が反応いい様な。 
タッチパネルもあるが、個人的にはアナログスティック(PSVitaのそれと同等)によるマウスエミュレーション操作の方が扱いやすい。
クリック操作はLRキーでマウス左右クリックなので若干違和感を覚えるものの。
タッチパネルの精度自体もX89HDに入れたWin10のそれとは段違いに良く、ストレスを感じない。

ゲームコントローラー部分は3モード切り替え可能で、
DirectInput・マウスエミュレーションモード・X-Inputを利用目的によりハードウェアスイッチで切り替える事が出来る。
欲を言えばマウスエミュレーションモードの場合の十字キーのキーアサインがWASD(FPSゲーの並行操作)ではなく↑←↓→ならば直感的かつ広域のゲームでそのまま使えて良かった気がする。
単に十字キー自体はXinputと同じ挙動なのかもしれないけど。
RPGツクールゲーとかはカーソルキー操作設定が多いんだよね。
XABY(って言っても任天堂配置ではなくXBOX配置)はそのままキーボードと同じか、
ゲームコントローラー1~4がアサインされてる感じ。
左スティックでカーソル、ABXY任意のボタンでマウスクリックとかやるならDinputモードでJoytoKey等のソフトとの併用が必要。 
同人ゲーやるんならそういう風にしちゃった方が楽かも。 

公式(Indiegogo)の紹介だとSteamゲーとかを扱う事を前提で紹介されているが、
個人的にはエロゲの体験版とか同人ゲーとか遊ぶのに丁度いいハードだと思う。
PS4リモートプレイも試してみたいものの、USBWiFiアダプターと家のWiFiアクセスポイントとの相性が悪いのか、
アクセスポイントを見つけられない時がある(他のAndroidスマホとかでは見れるのに)のでまだ試せない。 
(て言うか内蔵WiFiでもダメだったんだけどねゲフンゲフン)

個人的にはもう届いただけで満足だったし、更に製品自体もそれなりに仕上がっていたのでホクホク状態。 
自分のVita-2000が手元に無いので当分はこいつを弄ってようかと。  
3000番出るんなら買うけど、財布の中身的に同じものを買うのは辛いし。
GPDWINのせいで活用度は下がるだろうけど、GPDXDも割とオススメマシンだと思う。
Win環境とは違うけどAndroidアプリも使えてこっちの方が利便性高い場合も多い。
New3DSLLはこちらをどうぞ、ぶっちゃけGPD2機種に比べたらゴミ過ぎるんですけどね。
形状自体は3機種ほぼ一緒にも限らず圧倒的に低い全て。 
売りのミリオンタイトル殆どに興味が無いとゴミ以外の何物でもないね。 
何故3DSの壁紙だけごちうさなのかって?ステマ以外の何物でもないw 

Gole1いい加減114514
どうやら10月末発送らしいんだけどねぇ。