一応屋根は応急処置しました。
PS4は当分(龍が如く6まで)やるもん無いので繋いでないけど。

オーガスト新作
オーガスト 千の刃濤、桃花染の皇姫  (せんのはとう、つきそめのこうき)
Image 462

(あれもう応援バナーキャンペーンみたいのやってないの)



伝奇モノ+ライトノベル感
ボリュームはそこそこあるけどメインヒロイン以外は完全に刺身のツマって感じ。 
自分はプレミアム版を買ったのですが、その場合?DMMのDL(Win/Android)版も伴せて入手可能で、
その場合内容のDVD-ROMを開封しなくてもいいのでそちらを試してみました。
新しい試みですしね。
Image 250自分はDMMのアカウントを持っていたので、DMMGamePlayer(以下DGP)をインストールして認証、
付属のダウンロードコードカードにテープで隠されている、
アクティベーションコードを入力する事でDLが開始しました。
DVD容量って事でそこそこ時間がかかり(約8GB) 、
インストール指定ディレクトリ(自分は外付けHDD)直下にhatou_DLと言うフォルダが出来そこにインストールされた模様。
試しにインストールディレクトリのBGI.exeをダブルクリックしても起動出来ずエラー、
DGPからライブラリ、プレイを選ぶ事で可能。
まぁ和製Steamっぽいですが実績機能みたいのは無いしタイトル数が悲惨の一言、大半がF2Pゲーだし。

閑話休題
DGPなんですが、特定のゲームのアイコンをデスクトップに出すことが無理?っぽくて、
わざわざDGP起動からライブラリ開かないとインストールゲー起動出来ないのが面倒かも、
毎回シャドウバース?のバナー見せられるのもウザいし(個人的にサイゲ系ソシャゲは嫌い) 
つーかタイトル少ねえなDMMゲーム・・・、両手の指で収まるくらいしかない。
DMM同人・DL販売で買ったタイトルもこっちに反映してくれればいいのにな。
以前買ったClover Heart'sとかさぁ、ソフト電池だから扱いづらくて。
閑話休題終わり 

Image 274

起動してみた、個人的に16:9表示はあまり好きじゃない(特にエロゲの場合は他のことをマルチタスクしながら垂れ流すので)んで、
4:3表示に設定解像度もとりあえずXGAで。 
ゲームパッドに対応してるらしいんですけどサンプルがモロにPS4のDualshock4なんですが問題ないのかコレw
流石にタッチパッドあたりは自重してるっぽいけど。 

タブレットモードなんかもあり、マウス操作をタッチ操作へ変更可能っぽいけど手元にこれをインスコ出来るタブレットは無いかなぁ(X89HDでも行けるかなぁ、試す気は無いけど)



シナリオは結構重いらしく、 亡国からその首謀者への反旗を描く感じ?
主人公らしきキャラにボイスあり、 名前も固定(ここはオーガスト作品的には伝統)。
世界観的には日本が結界で2000年以上鎖国しており、その後結界が破壊されアメリカっぽい国に占領されてしまった感じ?
サイトのイメージだと中華っぽかったけど。 
主人公と朱璃(あかり)は逃亡時に面識が有ったはずだが、主人公は大きいダメージからか記憶を失って、
その記憶を取り戻しながら国を取り戻す事がメインかな。

アクションシーンの描写もそこそこ力が入ってる感じ、やっぱ微妙なブランドと比べると流石老舗って感じです。
と言うか桐生さんが出てきたんですが、外見じゃなくCV的な話でw
キャラ名も数馬だしなぁ。
 
とりあえず攻略順制限無さそうなんで朱璃ルートやってからサブ行く事に。
多分ですがY字選択肢(片方は各キャラ直行・もう片方はそのままシナリオ続行)っぽいし、露骨に特定キャラへ誘導してる感じが強いので。 

あーこれかなり現実の軍備だの核の傘の皮肉が入ってんなぁ、あと在日問題っぽいのもある。
平和・政治がメインテーマっぽく、序盤から割とシリアスな場面が多い。 
巫女・呪術(劇中では呪装)でのバトルっぽい描写もあるのでそこがダメな人はいるかも(現代兵器とも合わせて出て来る)し。 
つーかこの主人公(及びヒロイン達)って学生(高○生)なんだよなぁ、戦闘だのでその気がしないけど。

・・・。

とりあえず朱璃ルートクリア、ハッピーエンドでした。 
展開に関して深くは書きませんが、伏線自体は消化されており、御都合展開以外は問題ないかな。 
ただ主人公の真の力が、封印されているわけでも覚醒したわけでもなく、単にただ忘れていただけと言う。
まだイヤボーンの方がいいんじゃねえのって思わなくもない(一応定義上はイヤボーンに該当するのかもしれんが)
描写的ににはちょっと助長気味なので途中Ctrlスキップで飛ばしながら、全オートで垂れ流してたら半日じゃ終わらないぞコレ。
死亡してしまうキャラは殆どおらず(あまり縁のないキャラは数人逝きました・名前のない平民は10~1000単位で死んでますが) 
とりあえずルート内でのHシーンは二度(二回目は二発射精)、詳細は書かないけど処女喪失が二回。
ただ初めてなのに学園の中庭でくっつくのはどうかと思うけど(^_^;
しかもその二発で見事着弾すると言う超高性能。
涙が花びらって何かデジャブを感じてると思ったら音夢じゃねえか、こっちは桜じゃなくて桃だけど。
一応呪術=現代科学的(特に核あたり)な皮肉も入ってるっぽいっけど、
最後神様が出てきて全て問題だった事を無くして主人公帰還ってのはどうなんだろうなぁ。

多分クリア後追加のExtraモード(タイトル画面で余談と表記)で2シーンくらいは追加されるかな。
各キャラ4エピソードの内半分がHだと思う。
朱璃の格好でただの一武人って言いはるの無理だよなぁどう見ても。
シルエットだけだと某犬姫っぽいよねこの子。

サブキャラルート適当に埋めていきます。
全員クリアしてから朱璃ルートもう一度やったら新展開あるのだろうか、
アレ以上発展させようが無さそうだけど。

(ほとり) 堅物系だけど裏でアイドルやってます。
途中まで朱璃ルートと展開は一緒だけど既読スキップが効かないところがあるなぁ。
キャラ的にはそこまで趣味じゃないから適当にCtrlスキップで飛ばしつつ・・・、
Hシーンは突筆する内容は無し、この子は子供を作れない設定らしい(まぁ普通に妊娠するハズの他キャラでも普通に中出ししてるけどなw)
女子の武人は呪装のせいで妊娠しないと、だから武人の家系に産まれた女子は子を残せないので価値が云々。
Extraでアイドル姿のHシーンあるかな。
と思ったら何も解決しないままスタッフロール始まった。、しかもスキップ出来ねえし。
自分の再生環境が悪いのかEDテーマに変な高音が混じって下で掃除機かけてるような感じがする。 
幼馴染ポジションの割にはイマイチ扱いが悪い、それまでの殆どの問題が解決してなくね?感が強い。

奏海(かなみ)  翡翠帝表記の方が多い子 義妹 ロリ 貧乳
あれこの子の方が既読スキップ効くやん。
・・・。
もそうだけどこのゲーム凄いサブキャラのシナリオ弱いな、本編が長すぎたってのもあるけど淡白過ぎる。
しかもこの子に関してはED後の一枚絵が特に意味を成してない途中イベント絵って事もあって余計に。
彼女も設定上子供が作れない(ハズ)

エルザ 金髪碧眼ツンデレ
何かこの子が一番シナリオ上(朱璃以外)でまとまってる気がするのは自分だけだろうか、
(エルザの)父ちゃん死なないし。
エルザ自体がこの作品で朱璃に並ぶ影のヒロイン役って位置もあるんでしょうけど。
勿論朱璃ルートのアレコレ(過去からの邂逅)等に触れる事は無いけど一番収拾が付いてると思う。

古都音(ことね) ツインテ ロリ巨乳 ドジ巫女
明け瑠璃の妹が巨乳になったらこうなるのか感。(外見的に)
メインルートの方が割と重要なポジションに居た感じ。
巫女なのに純血を失っていいのか・・・。 
このルートだと完全には巨悪の封印が解けず、根本的解決には至らないのですが、
まぁこれが落とし所かなと言った感じですね。

総評 
大作感はあるし、設定もそこそこ練り込まれているのは分かるけど、
思いっ切りが足りないのか「そこで妥協するの?!」ってシーン・シナリオが多い気がする。 
心が痛まない平民は殺せてもメイン・サブキャラは復活有り気じゃないと死んじゃいけない、みたいな雰囲気を感じる。
勿論闇雲にキャラクター殺して涙を誘うようなシナリオは三下もいいところなんですが、
そういう所こそゲームなんだから選択の上バッドエンドみたいのがあっても良いんじゃないのかなと。 
容量も肥大化しつつあって、余計なシーン増やしたくないって意図は分かるけど、
最近のエロゲのゲームして無さはちょっと過度では無いかなぁ(CV関係の負担が大きいんならパートボイスじゃダメなんかって)。

本編でお色気シーン少ないのはCS移植やアニメ展開を見越しての事でしょうかね、ぶっちゃけそこで抱かれる意味ねーだろ感があるし。
余談では3シーンあるからエロゲとしては少なくはないんですが、自然にシナリオに入れられない時点でなんだかな感は強い。 
ここのところは昔の葉っぱゲー(’つーか萌ロゲ黎明期あたり)+ファンディスク的な感じ。 

Android版コレ要るか?wスマホでチマチマやりたい作品とは思えんぞ全く。 
別にこの作品に限った話じゃないけど、単に移植しただけってタイトルならモバイル版の意味は弱い。
育成モノに限るけど、育成パートはデスクトップ・モバイル両方で進めて、
本編をデスクトップでみたいな感じにしないと意味がない気がする。
そしてそんな面倒な作業ゲーは今のエロゲーマーは殆ど望んでいない(少なくともオーガストゲーにはゼロだろうし)
一応環境的にAndroidしかないって人もプレイは可能だろうけど、ハードルは決して低くない。
DMMGameはPlayストア配信対象外(R18ゲームを配信してるので)なのでAPKインストールを強いられる等。 
手元のタブレット等でエロシーン再生目的でってんならありかもしれんけど。
コンシューマ(多分PSVitaあたり真っ先に出るだろうけど)の場合R18要素が無い、
ハードルはハードの所持くらいなので有っても良いかもしれんが(自分的に攻略キャラ追加されても要らんかな) 

シナリオはそこそこ良かったもののキャラクター(の特に結ばれて以降の描写)がかなり弱い。特に朱璃ルート。
結ばれて即、次展開に移行するってのもあるんだろうけど、やっぱイチャイチャ感が足りない。
(そういうシーンを)入れ過ぎればそれはそれで「お前ら緊張感ねえな」って感想が出そうだから難しいけど。
エロゲの場合、起承転結が、起1承2転6結1くらいの割合が割と黄金比な気がしてるので、
最近のゲームの場合、起3承3転1結2(後1足らないw)って感じがするんだよね、
わざとファンディスク等の展開のために余地を残してる感じがして。 
ツンデレで例えると、起(出会い)承(ツン期間)転(デレ化)結(エピローグ)って感じ。 
同じオーガストの夜明け前より瑠璃色なはもっとイチャラブ出来てた記憶があるんですが、
それがマルチメディア化の為の弊害か単にシナリオ上の問題か。 

個人的にあくまでメインはヒロインルート(当作なら朱璃、明け瑠璃ならフィーナ)と定義してるに等しい、
オーガストのやり方自体は評価に値する(逆にそれが出来てないのがAlcot系)なんですが、
今回はそのメインキャラのイチャラブも物足りないのが残念で。 
何か自分的にはシナリオの完成度よりはキャラの立ちと萌え度が評価に左右される気がする。
本筋シナリオこそ微妙でも各キャラの魅力さえ高ければそれでいい的な。
ファンディスク出ても買う気は無いかなぁ・・・。

P.S.
そういやHシーンの回数とかはあんま気にせず書いてるんですが、こういうのもネタバレに該当しますかね?
もし見てる人で止めてくれって人が多ければ止めるつもりです。

ログインするとガチネタバレを書いてあります。
ただ考察とかより完全にキャラクターのネタバレなんでプレイする気は無いけど知りたいみたいな人用。
見てしまった上の苦情は受け付けませんw 

次回エロゲはすたじお緑茶の夏彩恋唄まで無いかなぁ。
今回特に初恋が妹ryがアレだったんで他には買っていない。 
DL専売とかの安価帯タイトルとかあったらやるかもだけど。 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。