imageかなり前に来てたんですが、Gearbest(中華の通販サイト)で買ったら、
タブレット部分とキーボード別売りって事にタブレットが届いてから気が付いて、
キーボード部分どうしようかと悩んでまたGearbestで買ってたらかなり遅くなりました。 
そんな高いものでもないし、モデル的には旧型だからいつ無くなるか分からんしねぇ。






Screenshot_2016-10-08-23-45-12ONDA OBook10SE自体には、
Win10シングル、Androidシングル、RemixOSシングル、Win10+Androidデュアルブート、Win10+RemixOSデュアルブートと複数の種類があるようで、
更にWin10モデルだとCPU違い(BayTrail-T>Cherry-Trail)もあるらしくイマイチわからんのですが、
自分の購入したのはRemixOSシングルブート・CPU Z3735Fでした。
敢えてRemixOSのみのモデルにした理由ですが、内蔵ストレージの容量を無駄に使われたくない(Win10インスコモデルだと単純に10GBくらい持っていかれるハズ)って事が一番ですね。
一応空きストレージは25GB程度空いてますが。 
RAMは2GBあり、まぁそこそこ(Win10で2GBだと心許ない感じですがAndroidなので)

キーボードはUSB接続の様で内部でUSBハブからキーボード・タッチパッド(マウスエミュレーション)・USBポートと分割されている模様。
追加バッテリー等は無くあくまでもキーボードです。
タッチパッドは左右クリックが無い、それ自身をクリック出来るタイプで、ノートPCのそれとはちょっと使い勝手が変わります。
個体差かもしれないけど充電を兼用してるMicroUSBポートがキツい感じで、接続緩めのケーブル使って丁度いい塩梅。
充電専用の端子もありますが。
付属の紙マニュアルだとタブレットのプラ部品が外れてそこにMicroSDとSIMカードが入ると記述されているのですが、
当モデルのMicroSDスロットは別の位置だし別モデルのものを流用してるのかな。

Screenshot_2016-09-26-19-55-59


AnTuTuスコアは自分の今のメインスマホのSO-03F(Xperia Z2)よりも上と十分ですかね。
これは解像度が低めって事も寄与してる感じはありますが。 

1200*800って割と微妙な解像度ですね、720pよりは上だけど。
ただ実際に使っていてもそこまで酷いとは思わない、
10インチのタブレットって時点で自分の中ではイマイチ用途が無いのも事実だけど。
帯に短し襷に長しって感じなんですよね、ある程度画面サイズ欲しければ17ノートとか買うよって感じで





Screenshot_2016-10-11-23-01-08RemixOSのウリのマルチウインドウ環境、一部アプリケーションでは不可能(特にChrome)ですが、
そこそこ動作しています。 
DMMゲームアプリを入れオトメドメインのAndroid向け体験版をインスコしてみました。
これだけ見ると普通にWin環境で動いてる様にも見えなくもないですが、
画面の更新をしないと表示が変になる事はあるようです。 



Screenshot_2016-10-12-21-05-11(デスクトップ表示モードをWindowsライクに変更しました)
せっかくなので先日レビューした千桃のAndroid版も入れてみようと思ったのですが、
DL容量がかなり有り(4GB弱・・・PC版で8GBなのにw)、更に接続が切れるとエラーで1からやり直しと・・・。
→ スタンバイに入るとどうやら切れてしまうらしく、Android開発者モードを有効にして充電時にスタンバイにしない設定で回避可能だった。
もう一度プレイしたいような内容でもないのでPCでクラウドセーブ設定をして(Android側で気が付いた) 

Screenshot
OPムービーの再生では問題ないのですが、起動直後のメニュー画面では完全に表示されておらず、多分ゲーム中もダメくさい。
実際開始と表示されてるボタンをタップしてもファイルロード画面に飛ぶし。
勿論全画面では問題ないけど。 
朱璃のアフターシナリオ(エロじゃなくて戻ってから結婚まで)をプレイした感じ特に問題なくシナリオエンドまで出来ました。
ただしアプリ起動時にWiFi繋がってないとやはり認証出来ず起動不可能です、これは不便過ぎる。
デスクトップ版は別に常時接続だからいいけど・・・(そもそもオフラインモードでの挙動を試してないわ)。
せめて1日1回認証とか週単位とかにならんものかね。

余談
千桃はレアケースだろうけどこうやってPCとAndroidのマルチが同時に購入出来るんなら、
その内Windowsから脱却出来る様になるのかもしれないなぁ。 
そもそもやってること自体は一部の3Dエロゲメーカー以外は紙芝居のスクリプトを動かしてるんだから、
今日日のAndroidマシンならば十分可能だけど、
単にPlayストアで売れないとかそもそもモバイル市場に需要がないってのが一番大きいでしょうしね。
実際のところ千桃みたいな大作よりはもっと軽量で手軽に抜ける(ヲ)タイプのエロゲの方が向いてるでしょうけど。 
つーかスマートデバイス系で問題なのって事実上DL販売って方法しかないことじゃないかな。
PSVitaみたいにROMカード版もある上で差し替え面倒とか大容量メモカ持ってるからDLも選べるってのならともかく、
DL専売なのに4GB落とすのはWiFi無きゃ辛いし、あってもDLエラーとかで駄目になるのは辛い。 

上記のオトメドメインなんてスマホ版でもPC版とほぼ変わらない価格がするわけで、
クオリティと利便性と価格が釣り合ってない様に思える(解像度・ボイス音質をクオリティとするかシナリオをクオリティとするかに意見は分かれそうではあるが)
個人的にはスマートデバイス版はPCの半額くらいじゃないと普及させるのは無理だろうと思うし、
メーカー側もそこまでしてまでは普及させたいとは思わないだろうし。
現在のPC美少女ゲー市場なんて予約特典目当てのパッケージシェア9割以上の市場だろうし。
開発エンジンレベルでPCとAndroidのマルチを出力できる様にして、
千桃みたいに同時配信可能にするのが一番手っ取り早いだろうね。

市場として崩壊しつつ有るPC美少女ゲー市場がこれからどういう方向性を迎えるのか、
ただスマートデバイスでも展開すればどうこうなると言う問題ではないなんてメーカー側は十分承知してるだろうし、
どうなるかはいちユーザーとしてとても興味深いです。
Keyの様に全年齢向けに転向しつつあるブランドもあるしね。 
アダルト部分を切り離してSteamで売るminoriみたいなメーカーも出てきているし。 

つーかOBook10SEの話題から話逸れすぎだw