しゅんタブ

新次元ゲイム ネプテューヌVⅡ応援中!
当ブログは新次元ゲイム ネプテューヌVⅡを応援しております。

ケースに収めました。 
音は前のスピーカーより遥かにいい。 
単純にサイズじゃ無いんですねぇ。

  • 画像
正面
上部の3つの穴はそれぞれVol-・MUTE・Vol+のスイッチへ合わせてある。 
なにか適当なプラ棒でも差し込もうかと。

後ろ

また中身撮るの忘れてた(汗) 
でも正直全く面白くないんですよw本当に。


こんなモノを買ってみた。 
特に追加基板等は無し。 
スピーカー側は改造せずジャック側のLRを結線してしまっている。 
パネル用のイヤホンジャックが付けられなかったため、 
基板用のものを無理やり固定している。

USB D級オーディオ基板aitendo@shopping
おにぎりケース100円ショップシルク
ポータブルステレオスピーカー(2ヶ)同上
イヤホンジャック基板用千石かマルツ
適当なUSBminiケーブル手元にあった物

  • PCのマスターボリューム2でもやたら音が大きい。
どうにかしてボリュームを付けるべきか。


↓旧記事

とりあえず試運転。 
基板は完成しているため付属のケーブルにスピーカーを繋ぐだけで使用可能。
このスピーカー音良くなさそうだw 
キューブ型のヤツのほうがいいかも。

基板上のボタンにてPCの音量U/Dとミュートが可能、 
PCのマスターボリューム30程度でかなり音が大きい。 
LEDやボタンは外して延長するべきかなぁ。

サイズは細型のジュース缶の直径くらいです。

これからケースに入れる予定

普段、秋月D級アンプで作ったスピーカーにPCを接続しているのだが、 
任天堂Wiiの音声をこれから出力するのに差し替えるのが面倒なので作成した。

進展状況:完成(あとで分かりづらいのでシールで入出力とchを表示した)

  • 実機写真
中身
とても単純w


  • 回路図
アップしてから気が付いたが配線が被ってるorz 
データ保存して無かったのでこのままで・・・。

  • 部品
ケースタカチ
スイッチ(大)2極2接点千石電商
ステレオイヤホンジャック(3ヶ)同上
ステレオミニプラグケーブル(両端オス 1m 2ヶ)100円ショップ

  • 説明・考察
入力がPC・Wii共にステレオミニプラグ(メス)メスはジャックか、なのでケーブルを作るべきか。 
RCAジャック(赤白)からイヤホンミニプラグへ変換するケーブルが100円ショップにあったのでそれで。 
PCからは両端プラグがあった(1mと長いが)のでそれを使用。 
ちなみにWiiは液晶PCモニタのVGAに入力している(市販非純正ケーブル使用)


秋月電子のD級パワーアンプモジュール(1.1W+1.1W)を組み込んでみた。 
実は最低限の構成で使っていたのだが差し替えが面倒+PCのボリュームを絞るのがryだったんで色々付け加えた。

  • 完成品写真
正面から



斜め後ろ
 


スピーカー基部はASOBlockというものを使用、 
あまり耐荷重は無いがこの程度のスピーカーなら固定は十分。 
最初は直にケースに固定していたがスピーカーの音の指向性が高め?のため、 
ある程度向きを変えたくなった。

追加部分
 
基板上のSTBY用トグルスイッチのみ取り外し、ケースのスイッチへ配線を伸ばした。


  • 使用部品
D級パワーアンプモジュール(1.1W+1.1W)秋月電子
プラスチックケース(テイシン電気?)詳細後日マルツパーツ
キューブスピーカー(黒) 2基100円ショップシルク
2連ボリューム 100KΩ千石電商
スイッチ 2回路2接点同上
φ3.5ジャック(ステレオ・オープンBOX型)同上
照光スイッチ(緑LED Vf=2.1V)同上
XHコネクタ・コンタクト・ハウジング忘れた、多分マルツだったような
端子台 2極(縦) 2ヶストロベリーリナックスか秋月
EIAJ #2極性統一ジャックマルツパーツ

  • 注意点
データシート(PDF注意)見てわかったが、STBY・MUTE共にHighにしておかないと動作しない(まぁ、当然ちゃ当然なんだが) 
次のページのLレベルの方しか見てなかったから無接続でも動作するのと勘違いしていた。

  • 疑問・腑に落ちない点
入力側に2連ボリュームで音量調整させようと思ったが2割以上絞るとノイズが出て使い物にならない。 
参考回路はストロベリーリナックスの[[ここ(PDF注意)>>http://strawberry-linux.com/pub/max9704.pdf]]、うーん。
  • 解決
入力レベルが低すぎただけっぽい(WindowsVistaのマスターボリューム20程度) 
Wiiのダイレクト出力で気がついた。 
PC側マスターボリューム50程度でボリュームによるノイズは乗らなくなった。

このページのトップヘ