しゅんタブ

新次元ゲイム ネプテューヌVⅡ応援中!
当ブログは新次元ゲイム ネプテューヌVⅡを応援しております。

記事タイトル長すぎてしまうので略してますが、 
VUSIX Wrap920とそれ用のDVDPlayer V3です。 
元々別の用途(正直言うと3Dエロゲ用w)に買ったのですが、 
どうやってもPCにて使えないので放置長らく放置していたわけで、 
ちょっと前にアマゾンでDVDプレイヤーが安売りされてたので揃えてみた。

外観 
DVDプレイヤー
DVDだけでなくUSBメモリやSDカードに置いた動画ファイルも再生できる、 
対応形式はMP4ベースなら大抵使えるようだ。 
そのSDカードは写真のごとく出っ張るw 
本体下部にはSDカードがスッキリ収まりそうなスペースが有るのにも関わらず。 
電源はリチウムポリマー電池かアダプター、充電しながら使用は出来ない。 
7.4V1200mAhという変わった規格、モーター稼働の都合か。 
液晶画面には再生トラックNo.とか時間、再生ファイル形式あたりが表示 
電池残量は出ないのでいつ切れるかわからない

Wrap920 HMD
このサイズでもXGA(1024*780)に対応してる。 
電源はリモコン側、イヤホンはインナーイヤー(カナル型) 
DVDプレイヤーが無くてもコンポジット接続で使用することも可能
サングラスを模してるのは外で使用することを考えてか。 
Wrap920リモコン
電池は後ろのカバーを外して入れる、単三電池2本。 
HMDと外部入力のケーブルはどちらも外せる。

仕様的におかしいのは、目を完全に覆ってしまうシステムなのに、 
DVDプレイヤーの操作を複数の物理ボタン(もしくはリモコンもあり)でしなければならない。 
普通ならゲーム機のように十字キーと決定・キャンセルボタンを用意(てか揃ってる)し、 
OSD(オンスクリーンディスプレイ)仕様にするのが正解だろう。 
まぁDVDプレイヤーの表示も中華系MP3プレイヤーのような微妙なフォントだったりするわけでw 
正直ケーブルが若干スマートになる程度の違いでしか無いか>専用DVDPlayer 
上○問屋あたりでコンポジ出力可のマルチメディアプレイヤー買ったほうが良いかも。

HMDの方は、こんなもんじゃねのw的な感想w 
値段の割にちゃちい気もせんでもないが、暗い部屋ならそこそこの没入感、 
寝っ転がって見れるし。 
ただしノイズが多いのは救えない、何で電池駆動でこんなにノイズ出るんだレベル。 
DVDプレイヤー関係なしに出てるのでリモコン側か。

写真取る前に軽く拭えばよかったかな。

DellStreak
回線はソフトバンク、音声通話機能は削除されている様子。 
充電端子が独自規格なのが残念ではある(もしかしたら同社の旧PDAのと互換性無いかな?) 
サードパーティ製のソフトケースを装着済み、液晶保護フィルムは元から貼られているものをとりあえず流用w 
会社でちゃんとしたフィルムに貼り替えるつもり。 
何かケースが悪いのか音量設定が変わる時がある、あとフィルムの成果フリックが不安定(慣れてないのもあるか)

X-Plate
二つ折りガラケーを折りたたんだのとほぼ同じサイズ・・・ 
ブラウザ無し・カメラ無し・ミュージックプレイヤー無しと割り切ったコンセプトのPHS。 
待ち受けは自作のモノに変更可能、着メロもMIDIを変換可能(MP3も可能ならしいが手元に使えるMP3がない2分くらいのファイルでももうダメ) 
充電はMiniUSBなので汎用性が高い。 
W-SIMスロットは装備していないので旧来機種と使い分け不可能なのが残念ではある。

何でうちのデジカメは画面が暗くなるのだろうか

休日の暇つぶしレビュー更新

スマホバブル前のハードウェアですね 
元はGNOMEかUbuntuだったのですがAndroidのFWが出ていたため更新してみた 
(WinCE6でも起動できたんですが日本語に対応してないのとプロセッサ依存でアプリが皆無だったので消しちゃいましたw) 
とは言っても全く使用してませんw何故なら充電環境が限られるためです。 
電圧自体は5Vなんですけどジャックがあまり無いタイプなんですよね・・・

スペック 
液晶画面  4.3インチTFT抵抗膜式タッチパネル液晶 
解像度   800*480(WVGA) 
プロセッサ Samsung ARM11 S3C6410 667MHz 
メモリ    DDR RAM 128MB 
ストレージ 1GB SDHC16GBまで 
ワイヤレス IEEE802.11B/G 
BlueTooth V2.0 EDR 
USB OTG

トップ画面 
ドロイド君が可愛いw 
時間がアレなのは設定していないだけです

げげ、顔が写りこむところだったw

Twitterアプリのツイート画面

裏面、プラ成型にヘアライン仕上げ

このページのトップヘ